法則「3:10:60:27」にみる成功と普通の境界線

【人生考察】 米ハーバード大が実証した法則『3:10:60:27』がある。合計で百なので、百人として捉える。一流大学を卒業した内、三人は大成功、十人はある程度の成功、六十人は普通、二十七人は普通未満という法則だ。この法則にはポイントがある。人生における目標設定の明瞭度だ。三人は人生(中長期)の目標が明確、十人は一から三年(短期)の目標まで明確、六十人は目標が漠然としている。二十七人は目標というもの、そのものが無い。


やったか、やらなかったか。言い訳しないか、言い訳するか。自分のせいか、他人のせいか。ある程度の教養は必要であることは間違いない。その教養も勉強の目標設定を行えば、努力して知識を習得できる。ただしメンター(指導者、助言者)は欠かせない。まずは目標を明確にし、実行する。その経緯を記録する。曖昧にしない。当然、忘れない。



実現主義

 「今が楽しければ、良い。」これは正しく、六十人か二十七人であろう。計八十七人と圧倒的多数だ。残りの十三人は彼等に翻弄されない。周りの意見に同調せず、メンターを信じ、目標をもくもくと達成させる。結果を重んじる。出来たか、出来なかったか。途中経過の努力は何一つ評価しない。それが自己満足だと分かっているからだ。


目標を曖昧にしない。自分の未来を曖昧にしない。目標を明確にする。自分の未来を明確にする。圧倒的多数は成功しない。目標を明確に設定しないことは彼らが望んだことだから、成功者は彼らを気にする必要が無い。堂々と成功する。それで良い。

誰も本気で自分を助けてくれることなぞ、無い。

(了)

0コメント

  • 1000 / 1000