女子二十四歳のデットライン

【人生考察】 FP姫の女子ユーザは、十八~二十四歳が圧倒的に多い(Facebookインサイト)。自身も高所得者・富裕層になりたい女子が多いコトを前提に、男子というパートナについて触れたい。それは、富裕層(富豪を含む)は「二十四歳未満の女子に対し、自身の子を望む確立が高い」という事実だ。


※警告 二十五歳以上の女子は、これより先を閲覧しないコトを推奨します。


女子は知ってか知らずか、二十五歳を過ぎれば老化が節々に顕れる。これは生命学的に仕方がないコトであるが、筋トレや適度な性行為で延命措置を図れる。数々の富裕層に問うた結果、「二十五歳を超えると、学びの力に限界がある」らしい。若ければ若い程、良いらしいのだが、二十四歳未満でないとビジネスに必要な知識が入る素養ができない模様だ。間違わないで欲しいコトは、あくまでも出会いと時間共有が二十四歳未満である。子を宿すコトは、素養ができた女子であれば二十五歳を超えても問題がない。


<何故に二十四歳なのか?>

 結論は、分からなかった。然し、口を揃えて富裕層の男子は、その数字を出す。事実、人材派遣会社も二十四歳を一つの基準にしてはいないだろうか。要は、富裕層は時間を共有できる女子に子を求めるのだ。愛人か母親候補かは、彼に以下の問いをすれば良い。

「貴方の子が欲しい。」

次の瞬間の三秒を逃すなかれ。よくよく顔をみれば、望んでいるか否かが分かる。答えがNOであれば、時間を浪費してはいけない。二十四歳はすぐに来るのだ。尚、高所得の男子は、高所得の女子と共になるコトが多い。この為、富裕層に成りにくい。何故ならば、高所得の男女は相乗効果を望まず、別個でビジネスを進めるからだ。富裕層の男子は、パートナに選んだ女子と兎にも角にも共にビジネスをしたがる。


<チャンスは絶対に一度きり>

 日本の富裕層は平成二十五年時点で百一万世帯/NRI調べ。続いて、世代別の構成だ。ランドスケープのデータベースを用いる。


六十代以上のシニア:六十一%

四十~五十代:二十三%

三十代:三%

不明:十三%


両社の富裕層の定義は異なるが、大まかな数字をみる為に、当てはめる。男女構成は、およそ八対二。括弧内は男性数。


六十代以上のシニア:六十一.六万人(四十九.三万人)
四十~五十代:二十三.二万人(十八.六万人)
三十代:三万人(二.四万人)


シニア好きであれば別であろうが、若め?な富裕層の男子は絶対数が少ない。上記の数字は、一億三千万人中である。


① センスが合う(笑いが一緒など)
② 夜がセーフ
③ 外見がセーフ


さて、こんな富裕層な男子と出会い、貴女が獲得できる(落とせる)確率は途方もなく少ないコトが分かるだろう。だから二十四歳未満は、チャンスを逃してはならない。玉の輿のチャンスは必ずある。彼等の習性を見抜き、攻撃をしかけよ。一生涯にそんな人が、一人出合え、子を望めば、最上だ。統計学的に、二人も三人も出会い、子を求めるコトはあり得ない。結婚出来なかった先輩方は、「次もある。」「運命の人じゃない。」と本当にタカを括り続けてきたのだ。二十五はすぐ超える。



0コメント

  • 1000 / 1000