人間関係で半世紀働く、八十歳での年金支給を前提に|政府『未来投資会議』

【人生考察】 政府は令和元年五月十五日の『未来投資会議』にて「高齢者雇用促進及び中途採用・経験者採用の促進」を提出した。七十歳までの二段階・定年延長案である。


これは六十五歳以上のシニアへ向けて選択肢の幅を広げる提案で、一段階目では来年の常会に七つの選択肢を努力義務として法制を整えるつもりだ。その七つは「定年廃止」「七十歳までの定年延長」「継続雇用制度導入(子会社・関連会社の継続雇用を含む」「他の企業(子会社・関連会社以外の企業)への再就職の実現」「個人とのフリーランス契約への資金提供」「個人の起業支援」「個人の社会貢献活動参加への資金提供」を想定。


二段階目に義務化を図る。現状では『高年齢者雇用安定法』により、年金支給開始年齢の定額部分を令和七年度の六十五歳までに段階的に引上げている状態だ。この年金に関して、「七十歳までの就業機会の確保に伴い、年金支給開始年齢の引上げは行わない」と断言。但し、受給開始の年齢は七十歳以上も選択を可能とする。これにより、現行の法制度の改正は検討しない、とす。


タブロイド紙は早速、警戒感を露わにしている。今回は年金の年齢を引き上げないが、未来には分からない。二十代から四十代の若手の働き手世代は、現状から鑑みるに間違いなく、プラス十年の七十五歳から八十歳からの年金支給となるだろう。


これは人生設計の再構築を促しているに他ならない。今後、働くシニアによって税収は幾分か増えるが、社会保障の伸び率と比べれば雀の涙程度であろう。若手の働き手世代以降がツケを払わなければならない。もし今、二十歳であれば六十年間、三十歳であれば五十年間、四十歳であれば四十年間も収入を得続けなければならない。


今の働き方で、およそ半世紀も仕事にありつけるだろうか。


だから働き方、生き方を“半世紀働く仕様”に変えなければならない。第四革命ではAIやロボが台頭し、ルーティン的な仕事は着々と人から手を離れている。学び直しは当然であるが、仕事でものを言うのは、人脈に他ならない。現代人は目先の利益に走り、人間関係を軽んじ過ぎている。これでは敵をつくるばかりだ。半世紀も仕事を得続けたいのであれば、長期的に良好な人間関係を構築するべきだろう。決して軽んじたり、蔑ろにしてはならない。


会社の平均寿命は三十年で、今後は更に短くなる。となると、誰かが新たに起業したり、新たに会社に入り直したりする。その際に、自身を売り込める程の人間関係が欠かせない。若手の人生戦略は一つ。恩を売りまくる事だ。その時、騙されても良い。騙す側と記憶されてしまえば、半世紀中にどこかで綻びが生じてしまう。しかも今の時代には、それがアーカイヴとしてWebに記録されてしまうもの。


だが、それよりも最悪は無難過ぎて、無害過ぎる人物だ。これでは仕事としての取り柄が無いに等しく、何よりも人に覚えて貰えない。好き嫌いで人を選ぶも言語道断。年金は八十歳支給を前提とした人生戦略の再構築を。


記事:金剛正臣

画像:70歳雇用へ企業に努力義務 政府、起業支援など7項目/日本経済新聞

0コメント

  • 1000 / 1000