時計『エンジェルハート』が浴衣に一番似合うと調査結果

【ファッション報道】 令和元年五月十六日に東京・汐留にて時計やファッション雑貨、フレグランス等のブランドを取扱う専門商社のウエニ貿易グループ(代取:宮上光弘)が自社ブランドの『エンジェル ハート“浴衣に似合う時計”第一位獲得発表イベント』を行った。


同社は十代から二十代の女性四百名に「女性の浴衣に似合いそうな腕時計」の調査を実施。結果では「金属ブレス」×「ピンクゴールド」の腕時計でエンジェル ハートが第一位に輝いた。エンジェル ハートのテーマは「はじまりのそばに。」。入学や入社、新しい服を着る一日の始まりや大切な人に逢う一日の始まり等の様々な“始まり”のシーンに相応しいデザインをラインナップしている。

同社は「夏祭りや花火大会で、浴衣姿にエンジェル ハートの腕時計を着けてエレガントに時間を確認して欲しい。」と話す。


イメージ キャラクタに起用されている女優・吉岡里帆(癸酉)も登壇。創業百年を超える着物の老舗やまと(代取:矢嶋孝行)とエンジェル ハートのコラボ浴衣を着用した。浴衣とエンジェル ハートの相性について「浴衣と時計は意外に合うんですね。色がピンク ゴールドで女性らしく、線も細いので華奢に見えて浴衣にマッチしていると思います。」と笑みを浮かべてコメント。同製品がソーラー ウォッチで電池交換が不要な点についても高評価だった。


イベント内では里帆が「夏祭りチャレンジ」で綿あめ作りとヨーヨー釣りに挑戦し、一足先に夏を楽しんだ。最後に、「色んなシチュエーションでピタッと、その人に寄り添う様な時計かと思います。是非、様々な場所で一緒に時を刻んで下さい。これからもエンジェル ハートを宜しくお願いします。」と締め括った。新作シリーズは二万円以下。イベントで着衣した独自の浴衣は三万四千九百円で「きものやまと」の立川店と大宮店で購入可能だ。



撮影記事:岡本早百合

0コメント

  • 1000 / 1000